BLOG専用クーポン配布中です。(先着順)

海外製品の化粧箱等の取り扱いについて

この記事は約4分で読めます。

ディズニートラディション等の海外製品の化粧箱(外箱・緩衝材・スチロール)についての注意事項です。


当店ではエネスコ関連商品については、代理店から入荷後にすべて一度開封させていただき、商品の破損・不具合等の検品を行っております。(パッケージの状態により一部の商品は開封・検品出来ない場合もございます。)

本日は海外製品、特にディズニートラディションやディズニーショーケース製品の外箱及び緩衝材のスチロールの取り扱い・注意事項等を書いてみました。初めて作品を購入する人には特に読んでもらいたい記事となっておりますので、ぜひ一度お読みください。 なおこの注意事項はショップページにも記載しております。

まず、初めに私たち日本人が思っている商品の化粧箱(外箱)についての認識は持たないでください。

日本に住んでいて普通に商品を購入した場合、まず外箱が凹んでいたりキズや汚れが付いている事は殆どありませんよね、開ける前に外箱が凹んでたりキズ付いたりした場合はその場で選ばないか、もしくは返品・交換してもらうと思います。

私を含め日本人が考える外箱と外国の方が考える外箱では考え方がそもそも違うのです。日本ではこのようなコレクター商品は箱も含め一つの商品ですが、外国では箱はあくまでも中身を守るだけの緩衝材にしか過ぎません。

私自身プライベートでも、海外の通販サイトをよく利用して色々と購入していますが以前、化粧箱にそのまま送り状(ラベル)が貼られ、送られて来たことがありびっくりした経験があります。その他にもアメリカのアマゾンで注文した物で、専用の段ボールには入っていたのですが、中に紙やエアークッションも入ってなく、そのまま段ボール箱に入っていた事もあるぐらいです。当然中で商品は移動し放題です、^^; 肝心な中身の商品は無事でしたので結果、良かったのですが・・・

日本ではありえない事ですが、それだけ海外の人が考える外箱(パッケージ)に付いての認識には違いがあると思ってください。・・・前説が長くなりましたが実際にディズニートラディションの箱でご説明させていただきます。

これが良い方の化粧箱(外箱)の状態です。しかしながらそれでもよく見るとキズよれが確認出来ます。

箱の印刷に問題があるのか、この程度のキズは当たり前です! 輸入・輸送の際に商品同士が擦れ合ってついてしまう擦れキズですね。輸入品全般に言える事ですが、個人で海外のネットショップで購入するのとは違い、輸入代理店などでは当然ロットごと発注し、専用の大きな箱にいくつも入って輸入されます。

その長い道中には発送元⇒トラック輸送⇒貨物船(空輸)⇒トラック輸送⇒小口配送など様々な移動工程を経て私たち小売店に到着します。どの過程でキズや凹みが付くかは分かりません。

入荷した商品ですらこのように初めから凹んでいる物も少なくありません。これはロットで注文したものでもよくある事です。代理店の方からも初めから注意事項としてアナウンスしているぐらいなので、代理店に荷物が到着した時点でもこのように凹みやキズはよくある事が容易に推測できます。

当店では一応、あまりに目立つ凹みやキズに関しては、訳あり品として販売させていただいておりますが、入荷時の検品に気づかずに発送時に気づいた場合は、値引きやクーポン等による対応を取らせていただいております。

商品の取り出しについて

商品(中身のスチロール)を取り出す際に、この凹み部分を持つと高確率でスチロールが欠けます! スチロールも綺麗に取って置きたいと言う人は・・・

このように箱を逆さまにして揺するようにして出してください。ただこの時に台の上で行うようにしてください。間違っても空中でやらないように・・・^^;

ディスニートラデション等に採用されているスチロールは、商品自体を守る為に比較的柔らかいスチロールが採用されているので、非常に欠けやすいです。このスチロール自体も入荷当初時点で、すでにか欠けや汚れなどが付着している物も少なくありません。

以上の点からも多少のキズや凹みについてはどうかご容赦ください。

以上、長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。

当店ではエネスコ関連商品については、代理店から入荷後にすべて一度開封させていただき、商品の破損・不具合等の検品を行っております。(パッケージの状態により一部の商品は開封・検品出来ない場合もございます。)

タイトルとURLをコピーしました